繁殖厩舎の一日

5:30 ≪冬季・お産シーズン≫
厩舎に入っていた馬たちを放牧地へ放します。
お産シーズンでは朝イチで種付けの検査をし、種付けの有無が決まります。

≪夏季≫
夜間放牧で離れていた馬たちを集牧します。
6:00 ≪冬季・お産シーズン≫
空いた馬房の掃除をします。汚れたワラを出し、新しいワラや牧草を足します。

≪夏季≫
夜間放牧していた馬たちに飼葉をつけます。
集牧した馬たちの馬体チェックをし、怪我があれば治療をします。
9:00 ≪冬季・お産シーズン≫
午前中に種付けが入ると、この時間帯は人手が少なくなります。
飼葉作りや、飼料や備品などの補充、後回しになっていた直検など、日によってやることは異なりますが、仕事はたくさんあります。

≪夏季≫
セリが間近になると馬見せが多く入ってきます。
いつお客様がいらしてもいいように、馬の手入れなど準備をします。
10:00 ≪冬季・お産シーズン≫
放牧されている馬たちの様子をチェックしたり、残りの仕事を終わらせます。

≪夏季≫
馬見せの手伝いなど、各厩舎を手伝いに行ったり忙しくなる時間帯です。
繁忙期にはお昼近くまで馬見せで待機することも。
  昼休み
13:00 午後の仕事が始まります。
≪冬季・お産シーズン≫
放牧地の馬たちの様子をチェックします。
産まれて数日の当歳は、早い時間に集牧することも。

≪夏季≫
セリ時期は午後も馬見せが入ります。昼休みの間に汚れてしまった当歳を、またキレイにして準備します。
手の空いているときは芝を刈るなど、景観にも気を使います。
1歳馬の馴致が始まると、手伝いに行くことも。
15:00 ≪冬季・お産シーズン≫
放牧していた馬たちを集牧し、夕飼いをあげます。
ケガをしていないか、熱は上がっていないかなど、当歳馬たちを触ってチェックします。

≪夏季≫
夜間放牧に出す馬たちを放します。
放し終えて空いた馬房をきれいにします。
16:00 ケガの治療や投薬、獣医さんの往診などがあります。
17:00 最後に牧草が少ない馬房に草を入れ、水を足してあげて終了です!
お疲れ様でした。

≪お産シーズン≫
18:30から翌朝まで当番制で厩舎に泊り、お産の介助をします。